メディア報道
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
02 / 02 / 2016
38歳までに卵子凍結をすれば、妊娠成功率は高くなります
聯合ニュース 記者張念慈/新竹報道

七夕が近づいてきていますが、全ての人がパートナーと甘い時間を過ごすわけではありません。
最近では女性芸能人の影響もあり、ファンの女性達などが卵子凍結を行い「生命」を残しています。
医師たちは「卵子凍結は卵子をその時の年齢で凍結することができるだけで、卵子が「若返る」わけではありません。そのため、若いうちの出産ができない人はなるべく若い間に卵子を凍結し、できれば38歳までに行うことをお勧めします」と呼びかけています。

近年において卵子の凍結を行った女性芸能人は、34歳前では僅葉璿さん、35~38歳では陳喬恩さん、陳思璿さん、張本渝さん、李維維さん、蔡淑臻さん等、39歳以上では林志玲さん、徐静蕾さん、李嘉欣さん等がいます。
医師の目からすれば卵子の凍結は万能薬ではなく、38歳を越えてから「凍結」を行う場合は、将来の妊娠には依然としてリスクがあります。

送子鳥生殖医療センターの医師は、「2014年度の統計数値を振り返ってみると、卵子融解後の生存率は90%、受精率は70%、胚盤胞形成率は50%に達し、これは新鮮卵子に相当し、且つ卵子凍結による赤ちゃんの健康状態も特に差はありません。しかし、卵子凍結は凍結時の卵子を保存しているだけであり、卵子を若返えらせることはできません」と言っています。

38歳の女性は深刻な子宮内膜症のため卵巣機能が著しく低下しましたが、5年前に人生最後になる2個の卵子を凍結保存していたため、その後結婚した際に凍結卵子を使用して女の子を出産することができました。
また、29歳の女性は奇形腫の手術のために卵巣機能が著しく低下しましたが、交際中の男性の励ましの下で卵子凍結を行いました。その3年後に結婚をして家庭に入り、若く品質の良い卵子を使用して、女の子の出産に成功しました。

しかし、卵子凍結には失敗例もあります。3人の子供がいる44歳の女性が、2年前に離婚してから新しいパートナーに出会い、急いで卵子の凍結保存を行いました。しかし結婚後に卵子を融解し、体外受精を試みましたが失敗に終わり、残すは卵子提供を受けるほかありませんでした。

また、管理職の44歳の女性が卵子凍結を行い、2年後に結婚をして凍結卵子を取り出し受精をしたところ、全部の胚に異常が見つかり、母親になる夢が打ち砕かれました。

医師は、卵子の品質により受胎の成功率が決まるため、「卵子凍結は早いうちに」と呼びかけています。統計によると38歳までに行うのが最も理想的で、将来の妊娠成功率が高くなります。
その他の記事
10 / 23 / 2019
女性のための妊活マガジン「ジネコ」に頼医師のお話が掲載されました。
10 / 29 / 2018
女性のための健康マガジン「ジネコ」で紹介されました!
07 / 23 / 2018
「台湾で卵子提供受ける外国人急増、3年間で約5倍に」TAIWAN TODAY2018年7月16日
06 / 01 / 2018
2018妊活スタイル「頼れるクリニックガイド」で紹介されました!
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子