メディア報道
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
02 / 05 / 2016
卵子凍結により女性CEOがハーフの子供を授かる|東森(ETTV)ニュース
東森(ETTV)ニュース 地方センター/新竹報道

外国企業のCEOである洪さんは、子宮筋腫、不適合妊娠を患ったため、今年500万台湾元を使って、以前凍結した卵子をアメリカに輸出し、現地の代理母のお腹を借りて赤ちゃんを出産しました。
現在赤ちゃんは既に4か月となり、早くて来年の6月には台湾に連れて帰ってこられる予定です。彼女は感動の余り感謝の手紙を書き、「人生は希望に満ちています」と医師へ伝えました。


超音波映像の中で確認した小さなBABYの心拍、これは洪さんが長い間待ち望んでいたものでした。
しかし、まだ赤ちゃんは遠くアメリカの代理母のお腹の中にいます。
生殖センターの医師は《東森ニュース》に対し、「彼女はやっと長年の子供を持つ夢が叶うので、実はとても興奮しています。そのため心音や映像を見て、このような事実(感動のこと)を冷静に受け入れることが難しいような状態ですが、とても期待しています。」と示しました。


医師の説明によると、洪さんは今年で45歳、外国企業のCEOです。
3年前に病院で10個の卵子を凍結し、本来は必要に備えようと思っていただけでしたが、思いがけず昨年子宮筋腫、不適合妊娠と診断されました。
そのため彼女はアメリカに行き、精子提供を受けて体外受精を行いましたが、失敗を宣告されました。
そこで病院に申請し、凍結した卵子をアメリカへ送り、白人の精子と人工授精を行い、現地の代理母の子宮に移植したのです。


ハーフの赤ちゃんは現在4か月となり、来年の5月に出産される予定です。
洪さんは6月には赤ちゃんを台湾に連れて帰れることができますが、この全過程において合計500万台湾元がかかりました。
医師は「アメリカにFDAを申請し、通過したら私たちに通知がきます。全てのファイルを揃えてから、私たちは衛生福利部に申請し、大体1か月後に卵子を国外に輸出することができます。」と話してくれました。

500万台湾元を使い、国を跨いでハーフの赤ちゃんをつくったことについて、洪さんにとってみれば母親になる夢が叶ったということですが、主務機関国民健康署はやはりお腹を借りて出産することは揉め事が起こりやすいため、この方法を推奨してはいません。
その他の記事
10 / 23 / 2019
女性のための妊活マガジン「ジネコ」に頼医師のお話が掲載されました。
10 / 29 / 2018
女性のための健康マガジン「ジネコ」で紹介されました!
07 / 23 / 2018
「台湾で卵子提供受ける外国人急増、3年間で約5倍に」TAIWAN TODAY2018年7月16日
06 / 01 / 2018
2018妊活スタイル「頼れるクリニックガイド」で紹介されました!
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子