不妊治療コラム
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
03 / 04 / 2021
移植前の検査(4):自己免疫

 移植前に実施する検査:自己免疫機能

一般的に免疫機能とは異物に対して人体が備えている防衛機能です。
体内に侵入したウィルスや細菌などを攻撃して身体を守ってくれます。
しかし、免疫機能が正常に働かなかった場合は胚盤胞を外から侵入した異物として攻撃してしまい、着床率の低下や流産率の上昇を招いてしまいます。
採血検査により、これらの免疫系の異常を調査することができます。

検査時期:免疫機能の検査は、子宮鏡など他の不妊検査と異なり生理の影響は受けません。いつでも検査が可能です。
しかし、異常が発見された場合、免疫機能の治療には長い期間が必要となります。なるべく早い時期に検査を受けられることをおすすめいたします。

検査項目は以下となります。

 

免疫検査項目

日本語の名前

Anti-β2-Glycoprotein-IgG

抗β2-グリコプロテイン-IgG

Anti-β2-Glycoprotein-IgM

抗β2-グリコプロテイン-IgM

Cardiolipin IgG

抗CL抗体 Ig-G

Cardiolipin IgM

抗CL抗体 Ig-M



 

Anti-ENA


 

Anti-RNP



 

抗ENA抗体



 

Anti-Smith

Anti-SSA(Anti-Ro)

Anti-SSB(Anti-La)

Anti-Scl-70

Anti-Jo-1

Anti-TPO Ab

抗TPO抗体

Anti-Thyroglobulin:ATA

抗サイログロブリン抗体

Lupus anticoagulant

ループスアンチコアグラント

Protein S

プロテインS(活性)


各検査で発見可能な症状や疾病。
抗TPO抗体は活性酵素を抑制し間接的に甲状腺ホルモンの合成を抑制します。
これにより甲状腺機能の減退を招きます。
高濃度の抗TPO抗体とTSHの値の上昇から甲状腺機能の低下の予測と橋本病の診断が可能です。
 
抗ATA抗体が一旦体内で産まれると、甲状腺の製造と正常性に影響を与えます。
多くの橋本病と自発性甲状腺機能低下、そして一部のバセドウ病では血中のATAが上昇します。
抗ENA抗体が陽性となった際に良く見られる症状は、SLE(全身性エリテマトーデス)、SSc(全身性強皮症)、RA(関節リウマチ)などです。
 
抗β2-グリコプロテイン- IgG、抗CL抗体 Ig-Mと抗CL抗体 Ig-Gの影響で起きる典型的な症状は習慣性流産です。
また、45歳より若い年齢での血栓発生による脳卒中や心筋梗塞、血小板の減少があります。

ループスアンチコアグラントによる影響は原因不明の血栓の発生、繰り返しの流産、全身性エリテマトーデスがあります。

検査により異常が疑われた際は、免疫系の専門医で詳しく検査をすることをおすすめします。
免疫系疾病の大部分は投薬によりコントロールが可能です。
服用により症状をコントロールをすることで妊娠もでき、流産のリスクを下げることも可能です。

妊娠の準備をする時には、気持ちを整えて穏やかに規則正しい生活をすることも免疫機能を改善する一つの方法です。
その他の記事
06 / 22 / 2022
精子冒険記Ep.3「満満くん、検査に行く」
05 / 31 / 2022
ERAの10大疑問!
04 / 01 / 2021
妊活検診・ブライダルチェック
03 / 03 / 2021
コウノトリの精子提供ーよくあるご質問
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子