高い成功率
子宝を祈る あなたと私の物語
07 / 15 / 2020
クラインフェルター症候群を受け入れ、精子提供へ 幸せは次の駅

 2週間以上待った夫の検査結果がやっと出ました。

 

 私たちは夫が「クラインフェルター症候群 (KLINEFELTER SYNDROME)である」と診断された受け入れがたい事実を聞きます。
 先天性の染色体が正常男性よりX染色体が多く、無精子症であると診断された香港の方の体験談です。

 

 結婚して4年あまり、積極的な「妊活」も、特に避妊もしていませんでした。生理は毎月きちんときていました。ある日突然、どこか体に病気があるのではないか?
 だから妊娠検査薬の2本の線が見られないのでは?と思い、子どもが大好きな私たちはようやく焦りだし、不妊専門の医師の元で一度詳しい検査をすることを決めました。
 2週間以上待ち、夫の検査結果が出ました。私たちは夫が「クラインフェルター症候群 (KLINEFELTER SYNDROME)である」と診断された受け入れがたい事実を聞きます。
 先天性の染色体が正常男性よりX染色体が多く、先天性無精子症であると診断されました。
 医師はハッキリともし、精巣上体精子回収術(MESA)を行ったとしても得られる精子は100のうち10に満たないと言いました。
 医師は3つの選択肢をくれました。

1.養子をもらう 

2.精子提供を受ける。香港では精子ドナーは普及していないため、国外から探す必要があり、一般的な待ち時間は何年もかかること 

3.生涯子どもを持たないことを受け入れる


このことを聞き、私たち二人は一緒にどのくらい泣いたかわかりません。
私はずっとこの残酷な事実から逃げていました。ある日、泣き足りた私は夫にこう言いました。

「私たちはこんなにも子どもが好き。精子提供はあなたにとって受け入れがたいものでしょう。それに何年も待たないといけない。いい人に出会えても、私はもう高齢妊婦よ。だから養子を1人もらいましょう。
子どもを持つことが出来ない夫婦と両親に見捨てられてしまった子どもに出会えたら、それも一つの縁だと思うの。私たちがその子を愛してあげましょう!」

夫は淡々と「いいよ」と答え、その後私はずっと養子に関する情報を探し続けました。
 

ある日、突然、夫からメールが転送されていきました。
少しおかしいと思いながら、開けてみました。夫はコウノトリ生殖医療センターのコンサルタントの連絡を取り、精子提供の登録書を送ってもらっていたのです。
感動し、涙が止まりませんでした。幸せを考え、選択したのです。

夫は私にこう言いました。
「ネットでコウノトリは多くの不妊治療夫婦の終点ということを知ったんだ。成功例が多く、一番重要なのはドナーを厳しく選び、待ち時間もそんなに長くないんだ。この道を選ぶと決めたなら、すぐ選ぶのが一番いい。」

夫の多大なる愛により、コウノトリを知ることとなったのです。
香港から台湾への子どもを求める治療が始まったのです。
このように始まったので、私とコンサルタントは緊密に連絡を取り合いました。
特にコンサルタントのBryanに感謝を伝えたいです。
彼は私の面倒な疑問に真摯に答え、また渡台前に必要な検査や書類の準備について治療過程でたくさん手助けしてくれました。
台湾への渡航準備中に台風が直撃。Bryanは心配し、十分に注意してくださいね、と香港まで電話をくれたことに感激しました。

コンサルタントと連絡してから2か月が経過していました。やっと全ての検査と書類を完成させ、台湾に行く準備ができました。主治医はW医師であると連絡を受けました。

台湾渡航前に、もちろんネットでW医師に関することを調べました。W医師は笑顔の素敵な良い先生で、体外受精の成功率も高く、私は安心し、出発することが出来ました。


初めて訪れたコウノトリ生殖医療センターは温かみがあり、他のクリニックの冷たい感じがありませんでした。
診察に来たとは感じられませんでした。私のコンサルタントは私が必要なことをよく理解していました。
広東語がわかるコンサルタントを付け、すべてにおいて通訳を行い、治療の詳細、検査の同行までしてくれました。
彼らの細やかな準備のおかげで怖い検査を李楽うすして終えることができました。

ついに主治医のW先生に会えました!先生の優しい笑顔で私の緊張はほぐれました。
初めてお会いしたとき、先生は「香港に健康なお子様を連れて帰れるよう最善を尽くします」と言いました。
このようなことがあり、W先生を信頼することができました。

こうして私は夫と注射薬と「希望」を持って香港に戻りました。

 

私もコウノトリ生殖医療センターは素晴らしいと思いました。
専門スタッフが私たちに付き添い公証手続きを行い、またホテルまでのタクシーを呼んでくれました。
私たちはコウノトリ生殖医療センターが私たちにとって最も適切な選択であったと思いました。
香港に戻り、2週間ほど経った頃、ついにコンサルタントからの電話があり、すべての書類の準備が完了し、ドナーが決まったことが伝えられました。
私たちは特にドナーに関する詳細な情報を聞きませんでした。
コウノトリが私たちに提示したドナーは最も良い選択であると深く信頼していたからです。なので、すぐに同意します、治療に進みますと答えました。


早くも二度目のコウノトリを訪れました。やはり温かみが感じられました。
採卵前の全ての検査と準備を終えました。
治療過程は私が思ったように順調ではありませんでした。卵胞の数は予測と異なり、また卵胞の発育もゆっくりでした。
採血検査の結果、注射薬の追加が明らかでした。
手術日が変わり、また変わり.....私を挫けさせ、迷わせました。
半ば諦めた状態で涙を流しました。
幸運にもコンサルタント、W先生とコウノトリのスタッフの励ましがあり、やっと採卵手術を無事に終えることができました。
またW先生の前向きな表情でまた私は「希望」をもって香港に戻りました。

感謝し移植周期を迎えましたが、採血の検査結果は理想どおりではなく、移植周期はキャンセルとなり、落胆しました。
私のコンサルタントは質問に答えるだけでなく、私を励ましてくれました。大変だったでしょう、落ち込まないで。


1か月後、体も心も準備ができました。
そして、3度目のコウノトリを訪れました。一部屋用意してくれ、そこで待ち、移植を行いました。
優しい環境でリラックスできました。移植はとても順調ですぐに終わりました。
移植が終わり、コウノトリのスタッフ皆が私を祝福し、私の成功を祈ってくれました。
また貴重な写真を1枚くれました。私と夫はまた感激しました。移植後に、移植後の注意事項と詳細をきき、夫を付き添わせ、休ませてくれました。
休憩後、昼食の準備がありました。
このように半年間の治療を終え、翌朝夫と香港に戻りました。

香港に戻り2週間が経ち、妊娠確認日の日が来ました。
初めて、伝説の2本線を見た時、自身の目が信じられませんでした。採血検査結果を確認し、ようやく少し実感が沸いてきました。

この妊娠した喜びは長く続きませんでした。
妊娠確認した4日後に鮮血出血があったからです。
病院にいき、とても慌て取り乱しました。すぐにメールでコンサルタントに連絡を取りました。
すぐに電話があり、慰めてくれました。がっかりし泣き出し、私にまだ希望はあるかどうか?と、とても間抜けな質問をしてしまいました。

もちろん、彼は私の欲しい答えをくれました。

最後まで勇気を持って、赤ちゃんを心から信じてください!


退院2週間後、2回目の妊婦検診を行い、赤ちゃんは頑張って、強く力強い心拍を聞かせてくれました。
今まで聞いた中で一番感動的な音でした。
私にとってコウノトリ生殖医療センタースタッフの一人ひとりは等しく重要で、感謝しています。
様々な治療過程、私の浮き沈みに付き添ってくれたことに感謝します。
あなたたちがいたから、今日の幸せがあります。ありがとうございます。
32歳の誕生日を迎える年に、このような最高のプレゼントをくれました。この貴重なプレゼントを大切にします。


いま不妊治療を頑張っている方々へ:


たとえ、困難な道で怖く落胆することがあっても、心身が苦しみでいっぱいになっても、ただ自分の信念を貫いてください。
辛く苦しいことの後には、必ず甘い果実が実ります。
私は心から不妊治療の道を歩まれている方々に子どもを持つ夢を諦めず、先生を信頼し、コウノトリを信じてくださいと伝えたいです。
彼らは、きっとあなたたちに寄り添って治療を行い、子どもを持つことはもはや夢ではなくなるでしょう!

皆様が妊娠できますよう応援しています。
また赤ちゃんが早く訪れるよう、早くコウノトリの「卒業証書」がもらえるように祈っています。



 

   コメント

Bryan

Bryan

 

1.コウノトリが精子バンクを設立し現在に至るまで、すでに、待たない精子提供という目標を達成しました。
台湾で精子提供を行う夫婦の3人に1人はコウノトリに来院します。
ドナーを厳しくチェックすることを約束します。健康診断には毒物劇物の解析、染色体検査や精液分析の診断も含まれます。
ですので、毎年のドナーの平均合格率は10%ほどです。

 

2.台湾と香港の「縁」はご主人の一通のメールから始まりました。この治療過程でのメールは返信を含め250通を超えています。
遠い香港から訪れる彼女たちの中国語は流暢ではなく、当院に訪れたとき、うまく意思疎通ができないのではないかと恐れていました。
しかし、彼女たちの懸念を解決し、毎回の来院のフォロー、排卵促進剤の注射、移植、と彼女たちに寄り添い終えることができました。
この治療全体を通し、言語による障害はありませんでした。
現在、彼女たちの励ましもあり、一生懸命「広東語」の勉強をしています。
次回赤ちゃんを連れて来院される時には流暢に話せるようになれれば、と思います。

 

3.彼女の AMHは5.73、本来、採卵個数はとても理想的でした。しかし、注射剤の反応が予測とは異なりました。
しかしながらも、彼女はいつも感謝の心を持っており、私はこの前向きで楽観的な考えが彼女を妊娠させたのでは、と思っています。
以下は彼女の採卵と治療過程の表です。出産予定日は12月末です。

健康で聡明な赤ちゃんが無事生まれますよう祈っています。当院に3個の良い胚盤胞があるので、将来第二子を授かることも可能です。
 

 

採卵個数

成熟卵子

正常な受精卵

胚盤胞

PGS結果

12個

8個

6個

5個

正常1個
異常1個
未検査3個




クラインフェルター症候群 (KLINEFELTER SYNDROME/KS) ...男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる疾患の総称です。
 
その他の記事
10 / 01 / 2020
兄弟は両親から子どもへの贈り物  PGS検査がもたらす幸せ
10 / 01 / 2020
結婚後8年の苦労 IVF3.0+で解決
09 / 25 / 2020
子どもを求めて長い旅 海を越えて卵子提供のゴールライン
08 / 03 / 2020
絶望の淵で見つけた卵子提供 卵子提供で夢は叶う
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
联系送子鸟请加微信,ID:icryobank_tw
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子