愛生育バンク
熱い情熱と創造力を抱え、
「全ての女性が健康な我が子を抱けるように」と願い、
「「若くて元気な卵子をもらって、健康な赤ちゃんを授かる」という信念を固く信じ、
世界を変えたいと一心に願っている私たち「送子鳥生殖センター」は、優秀なスタッフによって組織されています。
子供をつくる道の途中で、最後に出逢った4人の友
愛生育バンクは、熱い情熱と創造力を抱え、「全ての女性が健康な我が子を抱けるように」と願い、「若くて元気な卵子をもらって、健康な赤ちゃんを授かる」という信念を固く信じ、世界を変えたいと一心に願っています。「送子鳥生殖センター」は優秀なスタッフによって組織されていますが、私たちの歩みは1992年から始まりました。「子供をつくる」道において5000人の人たちと縁を結んだことで、はじめは小さな「火花」だったものが、今では大きな結晶をつくるまでに至りました。

その中には芸能人や野球選手、25歳の若い女性から57歳の高齢のご婦人まで、更には各国を旅行中の人や海を渡ってきた人、本音を言えない人や幸せに出逢いたい人、忙しくて2人だけでいる人や1人だけでいる人など…。もちろん、他にも多くの私たちの身近な人たちもおり、彼女たちはいつでも「頑張り抜く」という気持ちにより、子供のために努力を続ける親の素晴らしい物語をつくり続けています。

共に歩んでくれた彼女たちに感謝し、もし「病人は最高の教師である」というのであれば、私たちはこれらの「恩師」に感謝したいです。私たちは彼女たちの妊娠から出産への道から多くのことを学び、いくつもの「妊娠と出産という創造の奇跡」を目の当たりにし、その奇跡の中から私たちが進むべき道を歩み続ける勇気と信念を蓄えてきました。

子供をつくる道において心にしっかり刻みついているのは、「最後に出逢った4人の友」のことです。彼女たちは「愛生育バンク」の設立をしようと思わせてくれた人たちであり、彼女たちがいなければ「愛生育」はなかったといえます。「愛生育」が歩んできた道の中で、彼女たちより幸せで不幸な人は再び現れることはなく、彼女たちの勇気と努力には誰も敵わないでしょう。私たちは、母親になるという道の中での全ての難題は、いずれもこの中から答えが見つかり、子供を求める人たちが遭遇する数々の困難も、ここから出口が見つかると信じています。最も大切なのは、人々がもう二度と子供を求めることで傷つくことがないようにしたいということで、私たちもそれを願っています。
送子鸟生殖中心 院长 赖兴华医师
4人の友
11人目:彼女は38歳のときに結婚しましたが、この不確定な新しい恋心と向き合ったとき、不安と恐怖に支配され、子宮内膜症による不妊や婚姻生活が無くなるかもしれないという暗い影が絶えず頭から消えずにいました。そのため、この芽生えたばかりの幸せを守りたいという一心で、わずか2つの希望の卵を凍結保存することにしました。半年後、新婚の彼女は今世紀最後の2つの卵子を融解し、40歳のその年に、人生で唯一の小さな天使を授かることができました。
22人目:この誰よりも勇敢な母親は、10年間のうち子供を1回亡くし、3回の中絶を経験して心を痛めていました。しかしこの遺伝的な宿命から抜け出すために、彼女は胚着床前診断(PGD)を行い、40歳にしてやっと妊娠が成立しママとなりました。彼女の息子はアジア初の血友病の因子を持たない受精卵により体外受精を行い、256分の1の痛みから抜け出ることに成功しました。
33人目:子宮先天性発育不全の彼女は、「婚姻生活を失う危機」や「代理出産」について長年もがき苦しんできました。この婚姻生活を守り、「彼」から父親になる権利を奪いたくなかったため、残るは「代理出産」しか方法がないと考えましたが、「彼」がそれを望むかは分からずにいました。できるだけ早く出口を見つけるために、35歳のとき、彼女は長年の秘密を思い切って打ち明けました。万が一最悪な状況が起きたとしたら、彼女はどうやって生きていけるのでしょうか?「将来」にどうやって向き合えばいいのでしょうか?
4最後の人:43歳の彼女は、結婚してから2回の流産を経験した後、3年目に積極的に不妊治療を始め、12年間のうちに少なくとも11回の採卵、10回の胚移植と4回の流産をしました。「免疫による排除」が習慣性流産の原因ですが、子を授かりたいという彼女の強い意志により、最後に胚移植を行った後に免疫治療を受けました。43日間の入院でようやく胎児が安定しましたが、退院して数日後に思いもよらず胎児の心拍が停止してしまい、更に不幸なことに、流産の5日後に疑似感染及び免疫系が胚を攻撃し、急性呼吸促迫症候群(ARDS)を引き起こし、更には胎児の染色体がダウン症を示しました。もし早く胎児の異常が分かっていれば、わざわざ胚移植や流産予防のリスクを冒さなくてもよかったのではないでしょうか?
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
メールアドレスで会員登録をすると、お問い合わせの際の毎回の個人情報入力が不要となります。会員サービスの利用と治療コースのご案内がとても便利になります!
すぐ登録して会員サービスを使いましょう。 ログイン
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子