高い成功率
子宝を祈る あなたと私の物語
03 / 31 / 2017
卵子提供・体外受精による愛の結晶-海を越えた2回の決断 
小さな天使がここにやって来てからは、時間の全てが彼女中心となりました。
瞬く間に何か月かが過ぎ、感謝の言葉は日が経つほど深くなっていきます。
そばで熟睡している可愛い我が子を眺めながら、コウノトリ生殖医療センターには本当に感謝しかありません。

以前は父や母、舅や姑は私たちにプレッシャーを与えないために、口ではいつも子供がいなくても気にしないよ、2人が幸せだったらそれでいいよ、と言ってくれていました。
幸せがやって来てからは、彼らは身も心も自然に楽しんでいるように見えます。
赤ちゃんが来てくれたことで、やっと完全に幸せな家族になれたと感じています。

今この文章を呼んでいるあなたは、同じ子供を求める道の上で右往左往しているのかもしれません。
私達はお互いに面識はありませんが、文字を通じて暖かい力を分け与えることができればと思っています。
私はDINKsになることを考えたことはありませんでしたが、子供が欲しいと焦ってもいなかったので、学業と仕事中心の生活をしていました。
側にいる友人たちが1人1人と親になってから、自分もようやく焦り始めてきましたが、妊娠したいと思えばすぐにできるだろうと思っていました。

長年仕事、残業を繰り返し、運動しても続かず、朝早く出て夜遅くに帰るという日を見ない生活を送っていて、考えてもみなかったことですが、身体は以前のようにはいかなくなってきました。
本来。体質が最も良いはずの年齢に不妊に遭遇してしまうなんてばつが悪い話です。
そこで、いくつか漢方の力を借りて体を調節したところ、天は自ら助くる者を助くもので、しばらく経ってから、本当に妊娠の願いがかない、家族みんなで大喜びをしました。
その時は妊娠さえすれば何も問題ないだろうと思っていたのですが、漢方薬を続けていたことが胎児にも影響があり、更に早期にhcgが2倍になったために検査や治療をやめてしまいました。
そしてまもなく3か月になるときに出血があり、病院で検査をしたところ胎児が既に発育していない状態であることが分かり、本当に青天の霹靂でした。

その後、私はインターネットで各種の関連情報を調べ、引き続き妊娠を試みていました。
検査により染色体転座が見つかり、その時私は既に妊娠をしていましたが、状況は思わしくありませんでした。
結果的に、その時のお腹の子も流産してしまいました。
本当に辛い気持ちになりましたが、着床前診断を行えば私の問題は解決できるのだと前向きに考えるよう努めました。

そして、海外での体外受精も検討を始めました。
その時に台湾の着床前診断の成功率がとても高く、費用もそれほど高くないことを知りましたが、行き来するのはさすがに不便だと思い、結局家の近くの都市の病院に通うことになりました。
ただ残念なことに良好な胚盤胞は確認されたのですが、移植は成功しませんでした。

そうしているうちにまた1年が過ぎてしまい、年もどんどん取り、周囲のプレッシャーもどんどん大きくなってきました。
人生は順風満帆ではなく、全てにおいて収穫があるとは限りません。
そこで赤ちゃんのために、職場の部署調整を申請し、生活する上でも仕事と休みを規律正しくし、毎日太陽の下で3キロのジョギングを行いました。
同時に積極的に台湾の病院、コウノトリと連絡を取り始めました。
コウノトリからは着床前スクリーニングを行った上で自分の卵子で赤ちゃんを持つことを勧められましたが、私の染色体には問題があり、年も若くはないこともあり卵子提供をお願いしました。
もし染色体の問題が深刻であった場合、1回の周期で着床前診断をした後に必ずしも移植ができるとは限りません。
できるだけ早く家庭を円満にし、自分自身の心の負担も少なくするため、更にはもちろんコウノトリの卵子提供におけるマッチングを信用していることもあり、最終的に卵子を提供してもらうことを決定しました。

もしかすると遺伝子の問題で、赤ちゃんとパパママがどのくらい似るものなのかを心配されるかもしれませんが、私は、自分の遺伝子が引き継がれるかどうかではなく、夫に対する愛、家庭に対する責任を考えてみれば、自分のこの良くも悪くもない遺伝子のことなんて大したことではないと思っています。

家庭の中に自分の子供がいることは、毎日子供の体に私から遺伝しているのはどこか、父親から遺伝しているのはどこかを探すことではないと思います。
妊娠して子供を産み、女性が健康に暮らしていき、子供と数十年間連れ添っていく縁の方が大事だと思います。
ドナーとのマッチングを行い、移植の周期に入り、赤ちゃんが生まれるまでずっと順調で幸せであったことは、私の当初の選択が正しかったことを証明していると多くの人が言ってくれます。
不妊治療を行っている間はずっと苦しい日々を送っていました。
赤ちゃんが数か月の大きさとなった時、私は母乳で育てていたため、ほとんどの時間を赤ちゃんの側で過ごしました。
時間は本当に瞬く間に過ぎ、苦しかったことは全て過去の思い出となり、これも人生の道ですれ違った一つの経験だと思えるようになりました。


看護師Nancyから   

暗雲が去るのを静かに待ち、やっと白く光った明るい月が顔を出しました…彼女は複数回の流産を経験した後、染色体の転座が見つかりました。
この状況では非常に高い可能性で卵子が異常を形成し、更に胚の染色体の正常率に影響を与えるため、妊娠後の流産率が一般の人より高くなります。
解決の道は、自分の卵子で着床前スクリーニングを行ってみるか、卵子を提供してもらうかの方法があります。
2つの方法はそれぞれに優位な点がありますが、誰も正しい答えは出せません。
あなたが必要だと考えた方法を選択することが、最良の選択です。
コウノトリは、毎年数百組の精子・卵子の提供を成功させています。
海外のサービス専門スタッフが、関連する書類の手続き、渡台の手配をお手伝いするため、多くのご夫婦がこの物語の主人公と同じように、海を越えて夢をかなえるためにやって来ます。
そして台湾に2回来るだけで幸せをつかむことができ、もう苦しむことはありません。
顧客の今回の胚の状況は以下の通りです。
  卵子数     受精卵     胚盤胞凍結保存     移植         結果      
25個 17個 11個 Day5
4BB+4BC
健康な女の子を出産;
凍結した余剰胚9個

卵子提供についてはこちらをご覧ください。
その他の記事
05 / 28 / 2018
ドナーさんとご夫婦をつなぐ絆
08 / 31 / 2017
レシピエントの祝福
07 / 27 / 2017
ドナーからの祝福
04 / 28 / 2017
不妊治療を受ける夫婦からのメッセージ
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
メールアドレスで会員登録をすると、お問い合わせの際の毎回の個人情報入力が不要となります。会員サービスの利用と治療コースのご案内がとても便利になります!
すぐ登録して会員サービスを使いましょう。 ログイン
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子