メディア報道
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
02 / 01 / 2016
夫が刑務所へ 卵子凍結により出産の夢を待ち望む
自由時報 記者蔡彰盛/新竹市報道

心から愛するパートナーがしばらく姿を消したら、そばにいる女性はこれにどう向き合いますか?
「愛」のために思い慕うことや忠誠を誓うこと以外に、より現実的な方法はあるでしょうか?
39歳の女性はやっとの思いで本当の愛を見つけましたが、夫が刑務所で服役することになったため、暫く一緒にいることができなくなりました。
そのため、女性はまず卵子を凍結しておき、パートナーが刑務所を出てから子供をつくることで、家族の夢を叶えることを決めました。

新竹市の送子鳥生殖医療センターの医師は、「これは現代版の「幸せの黄色いリボン」のような真実の愛の物語です。女の主人公真さん(仮名)は、夫の入獄の原因を明かされておらず、これから何年待てばいいのか、その時に卵巣が衰えて卵子が無くなってしまったらどうすればいいのかと恐れていました。
彼女は互いの血縁の結晶が欲しいと思っていましたが、彼は刑務所に入っています。
そこで彼女は卵子を凍結し、彼が戻るのを待って再度生命を戻すことに決めました。
彼を見捨てないだけでなく、卵子凍結により幸せな未来を予約し、引き続き円満な愛の家庭をつくっていくことに決めたのです。
1回目の卵子凍結で、医師が真さんから2個の卵子を採取して凍結しましたが、2個の高齢の卵子は順調に彼女の夢を叶えることができるのでしょうか?

医師は、以前42歳の女性が凍結を利用して6個の卵子を集め、順調に融解した後で1人の男の子を出産しましたので、もしかすると彼女も妊娠運を持っているかもしれません。
先日真さんは2回目の治療を試し、合計で6個の卵子を凍結保存しました。
十分な受胎環境を提供できることを確認するため、今回は卵管造影検査を行いましたが、まだ卵子を融解する時期は決まっていません。

医師は、「頭がよくて、自主性のある多くの女性は、卵子を凍結することで貴重な青春をこれから待ちうける真実の愛と引き換えにできることを知っており、これは生殖能力を保存して、将来母になるという願いを守るためです。」と話してくれました。
その他の記事
10 / 23 / 2019
女性のための妊活マガジン「ジネコ」に頼医師のお話が掲載されました。
10 / 29 / 2018
女性のための健康マガジン「ジネコ」で紹介されました!
07 / 23 / 2018
「台湾で卵子提供受ける外国人急増、3年間で約5倍に」TAIWAN TODAY2018年7月16日
06 / 01 / 2018
2018妊活スタイル「頼れるクリニックガイド」で紹介されました!
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子