メディア報道
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
03 / 29 / 2016
台湾で初の三凍による試験管ベビーが誕生|東森(ETTV)ニュース
新竹の生殖医療センターで先日、国内初、世界5例目として、精子凍結、卵子凍結、胚凍結の「三凍」過程を経て、無事に体外受精による女の子が生まれました。


生殖医療センターの王懷麟副院長は、これは台湾の生殖技術が既に世界水準に達していることを示していると指摘しました。
体外受精を行う夫婦は、40%が中国、香港、マカオから来ています。

新竹市の送子鳥生殖医療センターの王懷麟副院長の説明によると、上海で資本金が3億人民元に達する会社の企業家林さん(50歳)は、毎日忙しく事業に打ち込んでいましたが、7年前に突如として自分には子供がいないことに気づきました。
しかし、奥さんは子宮頸がんを患ったことで子宮頸部の一部を切除し、その上既に卵子がありませんでした。中国では今も依然として卵子提供や卵子提供を受けて出産することは禁止されているため、子供を求めてここ新竹にやってきました。


この中国のご夫婦は、去年中国の自由旅行を利用して台湾を訪れ、林さんが台湾で先ず精子を凍結し、卵子バンクの凍結卵子とのマッチングが成立してから、融解して受精させました。
そして去年の5月には胚を融解移植して妊娠が成立し、「精子凍結」、「卵子凍結」、「胚凍結」による三凍ベビーが今年の旧正月前に誕生しました。
王懷麟副院長は、体外受精の「三凍」は珍しいケースだとし、台湾のこのケースは、卵子提供を受けたことと着床前スクリーニングを行うことで、三凍ベビーを完成させたのだと示しました。


世界初の「三凍」による体外受精は、2004年にイタリアから初めて発信されました。
今年の1月に台湾初の三凍による試験管ベビーが誕生し、これは世界5例目の「三凍」ベビーとなるはずです。
中国では卵子提供による出産が許可されていないので、中国の方たちが数多く台湾にやってきて卵子提供を求めます。
現在送子鳥センターは、1年間のうち卵子提供を受けて妊娠が成立した200ケースのうち、80が中国、香港、マカオから来ています。
その他の記事
10 / 29 / 2018
女性のための健康マガジン「ジネコ」で紹介されました!
07 / 23 / 2018
「台湾で卵子提供受ける外国人急増、3年間で約5倍に」TAIWAN TODAY2018年7月16日
06 / 01 / 2018
2018妊活スタイル「頼れるクリニックガイド」で紹介されました!
07 / 20 / 2017
NHK「あさイチ」で台湾卵子提供が紹介されました
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
メールアドレスで会員登録をすると、お問い合わせの際の毎回の個人情報入力が不要となります。会員サービスの利用と治療コースのご案内がとても便利になります!
すぐ登録して会員サービスを使いましょう。 ログイン
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子