不妊治療コラム
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
03 / 27 / 2020
【医師コラム】会いたい!RIF(反復着床不全)のあとに(1)-前編

賴興華医師 



*RIF...Repeat Implatation Failure 反復着床不全
 

  奈良美智 ビーチタオル WOW Project (Works on Whatever)/2010

 

 こんなにも悲しくてつらい話があるのだろうか?

 汪用和さんは「14年間!あなたひとりだけを待っている」

 黃光芹さんは「何度も流産している!

 この二人が妊娠したことは台湾ではとても有名です

 最終的に彼女たちは養子というゴールを見つけました。

 それから数え切れないほど努力をされている方がまだいます

 たとえば、スーパーモデルの林志玲さん、芸能人の張秀卿さん...

 

 それからこの記事を辛抱強く読んでいるそこのあなたは

 どのように歩んでいくのでしょうか?

 他の人とは違ったHappyEndを迎えることができるでしょうか?

 

 あなたに会いたい!

 会う為の約束をしたのに「会えない」時の気分はどんな感じでしょうか?

 信用できない友だちと絶交したときは惜しくはないですが、子どもを求めるときはどうでしょうか?
 RIF(
Repeat Implatation Failure)
反復着床不全の原因はまだ探せていません。
 つらい気持ちのまま子供を求めるでしょうか?何度も移植に失敗し、原因が分からないままでも、それでも同じ治療方法を続ける価値はありますか?

 
場面を変えてみましょう。

 毎回移植後着床をするのに、胚盤胞が発育できず流産してしまうほど、悲しいことはありません。
 数日の喜びの後、傷つきあなたは泣くでしょう。
 このとき、医師が「もっと頑張ってください!」と言うのを聞いたら、気分は更に崩れ、起き上がるために一度泣いただけで立ち上がれるはずが、誰が続けて2回も3回も耐えることができますか?

 正しくない道を走っても永遠に終点にたどり着くことはできません。

 移植2回とも不成功あるいは反復流産2回、「犯人」はまだいます。このとき、一番重要なのは立ち止まり、「探偵」が犯人を捜すことです。

 必ず原因はあります!私はいつも信じています。成功はきっと何か「正しい事をした」からであると。
 反対に、何か間違えたことをした可能性または「正しい事をしていない」可能性があります。
 探偵は「正確に」原因を探し取り除きます。次は成功できないことがあるでしょうか?

 患者は先生です。私はよく実際の治療のケースを紹介します。

 いま(2020年2/29)から気の向くままに、卒業証書をもらい、笑顔で診察室を出た3名の妊娠した方の話をしましょう。
 偶然にも彼女たちの苗字はすべて「葉」さんでした。
 とりあえず、彼女たちのことを「葉一さん」、「葉二さん」、「葉三さん」とお呼びしましょう。

 39歳 葉一さん

 葉一さんは初診時すでに2度の移植失敗を経験していました。
 1度目はPGS検査を行い、着床の窓(WOI)が違うことを疑いました。
 妊娠確認できなかったため、ERA検査(子宮内膜着床能検査)を行いました。やはり他の人とは異なる時間でした。
 1日多く黄体ホルモンの薬を服用し、内膜が「開けゴマ」となった時に移植を行いました。

 2回目は「正しい時間」でした。加えて、予防のためのヘパリン注射を行いました。結果、彼女は妊娠しました!ところが不思議なことに妊娠8週目で心拍が止まってしまったのです。
 移植後、1週目と2週目に鮮血があり、その時血栓の項目(Dダイマー)と自己免疫項目の採血検査を行いました。
 結果は正常だったので、ヘパリン注射の量を2日に1本から3日に1本に変更し、同時に黄体ホルモンの注射を追加しました。結果、上手くいきませんでした。

 最も痛いのは胎児の心拍停止による流産ではありません。

「誰が私の子どもを傷つけたのか」分からないことです。

 彼女はまた採卵を行いました。しかし、染色体が正常なものが移植することができます。
 モザイク型(含まれるDNAに少し増減がある)胚盤胞は移植可能ですか?
 この年齢でのPGS検査を行っていない胚盤胞の染色体異常率は2/3にも上ります。
 どのように賭けに勝てばいいでしょうか?
経験から言うと、移植から妊娠確認までの鮮血の出血は「血栓」が異常である可能性があります。
 再度採血を行い、かすかな陽性反応がありました。今回、移植した3個は優れた胚盤胞で毎日ヘパリン注射を行いました。
 現在、彼女は妊娠14週と3日となり、心拍確認のフォローとも「さよなら」しました。
 ついに、産科の医師の手に彼女を転院させることができました。次に会うのは、来年のコウノトリの「望年會」(卒業式)となるでしょう

 45歲「葉二さん」

葉二さんは、当院に来る前に他院ですでに3回の採卵と3回の移植を行い、そのうち2回は新鮮胚移植、3回目は凍結胚移植を行っていました。
惜しいことに培養3日目の8分割胚の移植でした。妊娠できなかった原因を分析するのは難しく思いました。
診察時に彼女はすでに44歳。当然卵子提供を進めましたが、彼女は自己卵子での治療を希望しました。
4個の胚盤胞(PGS未検査)を集め、4回目の移植にかけ、ERA検査を先に行いました。結果はダメでした。
卵子提供にかけ、5回目の移植です!
胚盤胞1個 PGS未検査のものを移植しましたが、妊娠確認できませんでした。胚盤胞の染色体異常がそうさせたのだと推測します。

興味深いことに「共犯者」はまだ探せていませんね?

 

すべてふるいをかけ、血栓と自己免疫検査の採血検査を行いました。意外なことにNephelometry IgG(免疫グロブリンIgG)の数値が基準値を超えていたことが分かりました。
6回目の移植は前回と全く同じで、唯一の差は移植前3日間のIVIG(免疫グロブリン)の投与です。
移植当日よりヘパリン注射を毎日1本投与し、現在妊娠11週目と1日で安定しています。とても嬉しく思います。

 

44歳の「葉三さん」

 

葉三さんは来院前に流産3回以上を経験していました。3回の悲惨な経験から絶対に一般的な自己卵子での移植ではなく、「PGS検査+ERA検査」をするよう勧めました。

当院1回目の移植で1個を移植し、妊娠確認できました。ところが、妊娠8週目で出血がありました胎児の心拍を確認し心拍は正常であったため、黄体ホルモンの注射を打ち、止血薬を服用しました。採血した血栓の項目は正常でした。その2週間後に胎児の発育を確認したときは、順調に発育していました。しかし、1週後に突然成長が止まってしまいました。

突然のことに、胸がとても痛みました。10週過ぎれば安全、ではないのでしょうか?

しかも今回は「PGS検査+ERA検査」をしたというのに!

 

探偵のような性格に切り替え、疑い深い私は血栓を疑いました。前回の出血の際に、血の塊があったからです。
再度、同様移植を行い、血栓項目の採血を2項目に増やし、経過を観察しました。
妊娠確認当日は正常、心拍確認まで出血はありませんでした。
心拍確認当日再度血栓項目の採血検査を行いました。
結果、そのうち1項目の異常が明らかになりました。
すぐにヘパリン注射を2日に1本から毎日1本に変更しました。現在、妊娠11週目と4日を迎えました。おめでとう!

ついに隠れた犯人を見つけたと同時に、嬉しい気持ちが心から離れません。

  
その他の記事
04 / 01 / 2021
妊活検診・ブライダルチェック
03 / 03 / 2021
コウノトリの精子提供ーよくあるご質問
03 / 03 / 2021
精子提供で必要な検査
03 / 04 / 2021
精子提供を受ける際に必要な書類
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子