不妊治療コラム
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
02 / 17 / 2021
【台北院-胚盤胞移植の流れ】

コウノトリ生殖医療センターです。

台北院ご来院後の移植の流れについてご説明します。

移植時も日本語コンサルタントが付き添い、通訳いたしますので、ご安心ください。

 

移植の際、ご夫婦のパスポート(原本)が必要となります。

必ずお持ちください。

 

1.受付
 

メールにてご案内したお時間に1階の受付までお越しください。

日本語コンサルタントがお迎えに上がります。

受付でネームバンドをお付けします。


2.採血

 

 

受付向かって左手の採血室で、

E2、P4、TSH(甲状腺ホルモン)、Dダイマー(血液凝固)の採血を行います。

採血検査を終えたら、2階の待合室にご案内します。

 

*医師の指示により、別途採血の指示がある場合がございます。

*アルコール消毒のアレルギーがある方は、事前にお申し出ください。


3.待合室での説明
 

   


移植個数、グレード、PGT-A検査(PGS検査)の有無、

胚盤胞の解凍の様子をご確認いただきます。準備が整いましたら、手術室へご案内します。

 

4.着替え

 

   

 

お着替え、貴重品などのお荷物はロッカーに入れていただきます。

ロッカーは鍵付です。鍵はご自身で保管いただきます。



 

5.手術室 入室

 

無菌室の手術室が二部屋あります。

光を取り入れ、暖色を基調とした無機質さを感じさせない手術室となっています。

 

こちらで看護師による腹部エコーで内膜の厚さと子宮位置の確認、

着床を促すr-HCG(Ovidrel)をお腹に注射し、培養士より氏名・移植個数の確認を行います。

 

 

 

6.移植
 

経膣エコーもしくは腹部エコーで確認を行いながら移植を行います。

移植の際は、モニターをご覧いただき、医師が内膜の厚さや移植位置をお伝えしながら

移植を行います。移植の際も、日本語コンサルタントが付き添いますのでご安心ください。

移植時は麻酔は必要なく、5-10分ほどで終了します。

終了後、エコー検査の画像をお渡しします。

 

7.移植後の休憩
 

手術室よりストレッチャーでそのまま移動します。

30分お休みいただきます。

その後、起き上がり方の指導・移植後の注意事項の説明、移植後のお薬の説明を行います。

 

*医師の指示により2時間お休みいただく場合もございます。

その場合、先にお食事をご用意します。

 

8.お食事

 

テラス席、待合室のコンサルタントスペースでお食事のご提供

またはお持ち帰りいただきます。

 

  

 

9.会計

 

1階でお会計いただき、終了です。

その他の記事
04 / 01 / 2021
妊活検診・ブライダルチェック
03 / 03 / 2021
コウノトリの精子提供ーよくあるご質問
03 / 03 / 2021
精子提供で必要な検査
03 / 04 / 2021
精子提供を受ける際に必要な書類
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子