不妊治療コラム
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
06 / 02 / 2020
【医師コラム】見えない幸せ IVF3.0+

 賴興華医師 


 振り返ると過去の私たちはどれほど愚かか、「外見は勝っている」と信じ、女性の体質は同じだと思っていました。

 治療を続けているあなたは3日目の胚をまだ移植していますか?見た目がよい胚盤胞に期待していませんか?
 移植時は変わらず黄体ホルモンを120時間投与し、内膜の厚さと血清ホルモン値が基準を満たせると考えるのは楽観的過ぎですか?

「本当に大切なものは目には見えない」と言うように、ふと顔を上げて前を向いていないと幸せを感じることができません。体外受精でも同じことが言えます。

 夫婦は自閉症の子供の世話をし、6年間で心身ともに疲れ、生きる気力がありません。
 繰り返される悪夢を恐れて、最近インターネット上で自閉症をスクリーニングできる遺伝子診断を見つけました。亡くなった後、誰かが自閉症児の世話を手伝ってくれるように健康な子供を授かりたいと思います。


 彼女たちの心の声は悲しく聞こえ、そしてそれは多くの家庭の悩みでもあります。
「自閉症ではない」子供を授かることができるかは、まだ検証が必要ですが、「着床前遺伝子診断」(PGD)は既に200種類以上の単一遺伝子疾患を解決しており、近い将来、より多くの幸福をもたらすことができるでしょう。


 遺伝子科学技術の賜物により、体外受精は急速に進歩しました。
 1990年代初頭から、妊娠率は移植1回あたり20%未満、これまで移植された良質な胚盤胞は80%に達しています。これは一体どのようなことでしょうか?


 47歳のLさん女性(AMH<0.13)は、10回採卵をして、13個の卵子から5個の胚盤胞が発育しました。
 これら全てを着床前遺伝子スクリーニング(PGS)検査に提出し、2個は染色体に異常がありませんでした。移植成功を期待しましたが、着床しませんでした。
 内膜の厚さと血清ホルモンの各検査値は異常なく、おそらく、まだ見落としている点があると思います。

 47歳のYさん女性(AMH 1.95)はさらに感心させられました。23回の採卵を経て(5回中2回の採卵を含む)、44個の卵から胚盤胞に発育したものは11個のみ。
 6個はPGS検査に送られ、5個は異常で反応がなく、残りの5個は生検に適さなかったためPGS検査は行われませんでした。
 一度目の移植は、1個無反応に加え2個不適合で検査せず。妊娠指数は167であり、喜びも束の間2日間で流産してしまいました。胚の染色体異常ですか、それとも、他に異常の理由はありますか?

 

 移植のチャンスは最後1回しかないため、二人とも失敗できないプレッシャーがあります。
 私達はとても緊張し、万が一再度失敗の場合、一年以上の苦労が水の泡になってしまい、計画を変更して、卵子提供の道を選ばなければなりません。幸いにも、Lさんは既に一人の娘を授かり、Yさんは二卵性の双子を出産しました。

 超完璧なHappy ending(ハッピーエンディング)はどのように作られたのでしょうか?

 

 実は彼女たちはもう一つのことを行いました。:「子宮内膜着床能検査(ERA)」です。この新しい検査は、まだ多くの方々が知らず、もちろん半信半疑でした。
 2016年から現在に至るまで、世界中の数え切れないほどの海外からの患者の遅れた幸せを生み出すサポートをしました。経験によれば、患者3人に1人は特異体質であり、胚移植前の黄体ホルモンの使用時間が皆違っていました。
 132時間、144時間、108時間、96時間のいずれもあり、正確な時間に移植しなければ妊娠しません。
 妊娠しても流産や中絶となります。二人の妊娠者のうち一人は144時間、もう一人は132 時間で、多くの方の120時間とは違っていました。

 

 

振り返ると過去の私たちはどれほど愚かか、「外見は勝っている」と信じ、女性の体質は同じだと思っていました。まだ治療を諦めていない友達ですが、3日目の胚を移植しますか?良質な胚盤胞であると思いますか?
移植時は変わらず黄体ホルモンを120時間投与し、内膜の厚さと血清ホルモン値が基準に満たせると考えるのは楽観的過ぎですか?

本当に大切なものものは見えません。胚の状態や内膜の厚さは確認できますが、染色体や遺伝子に問題があるかは分かりますか?
内膜細胞は異常ないですか?PGS、PGDおよびERAすべて重要なものであり、「個人化高精度体外受精治療」(PP‐IVF)の基本です。
コウノトリの多くの患者は、世界中で諦めて来ており、私ちは「IVF3.0+」(PGS+ERA)を使用して、遺伝子診断で彼女たちに奇跡を創造し、不妊治療の最後1マイルを顔を上げて完走します。(Stork Lai 181224)

コメント

賴興華 醫師

 賴興華 醫師




 

1. 47歳Lさん女性(AMH<0.13)自己卵子を2度体外受精移植とERA報告:

 

移植

1回目

2回目

残った胚盤胞

胚盤胞

1個

1個

3個

染色体(PGS)

46XY(男)

46XX(女)

異常

黄体ホルモン湿潤

120時間
(経験による)

144時間(ERA)

X

結果

失敗

女1人

X

 

2. 47歳Yさん女性(AMH1.95)自己卵子を2度体外受精移植とERA報告:

 

移植

移植

1回目

2回目

残った胚盤胞

胚盤胞

3個

3個

0個

染色体(PGS)

1個無反応+2個PGS不適合

PGS不適合

X

黄体ホルモン湿潤

132時間

132時間

X

結果

流産

二卵性双子

X

 

  

 

3.ERA検査は2018年10月にアップグレード版を発表し、IVF 3.0+で失敗した患者に対して、原因不明の理由を探します。
また、内膜細胞を採取して子宮内細菌叢を検査しますが、従来の子宮頸部細菌培養とは異なります。
これは、遺伝子検査であるため、より正確です。子宮内の乳酸菌の濃度を90%以上に高めると妊娠率が上がることが研究により示されています。この検査は「ERAプラス」といい、EMMAとALICEの2つの検査を含みます。


4.遺伝子科学技術の時代では、もう「運試し」の体外受精をする必要はありません。精密医療が浸透してきた時、体外受精はただの体外受精ではなくなりました。
あなたはまだ「1回のコスト」または「健康な赤ちゃんを授かる費用」の2点を比較しているでしょうが、両者の違いは「毎回」という分母です。
両者では分母に違いがあり、前者の分母は「毎回」、後者は「赤ちゃん」ということです。あなたの目標はただ「人を作る」だけですか、それとも「成し遂げる」決心がありますか?


 
その他の記事
06 / 22 / 2022
精子冒険記Ep.3「満満くん、検査に行く」
05 / 31 / 2022
ERAの10大疑問!
04 / 01 / 2021
妊活検診・ブライダルチェック
03 / 03 / 2021
コウノトリの精子提供ーよくあるご質問
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子