胚盤胞豆知識
不妊治療コラム
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
01 / 02 / 2018
胚盤胞豆知識

胚盤胞の成長

当院では卵子を採卵した日、又は凍結卵子を融解した当日を0日とカウントていします。

受精卵を確認するのは、1日目となります。 細胞分裂を繰り返して細胞数が徐々に増えていき、2日目には4分割胚、3日目には8分割胚、4日目には桑実胚となります。そして、5日目には胚盤胞と呼ばれる状態になります。

 

4日目になると下図の様に、細胞同士が密着して融合する「コンパクション」と呼ばれる現象が起こり、桑の実のような「桑実胚」へと変化します。

そして 5 日目には「胚盤胞」となり、体外で培養できる限界が近づいてきます。

この胚盤胞の段階になると、 胎児になる「内細胞塊(ないさいぼうかい)」と、胎盤になる「栄養膜」を観察できるようになります。

 

 

10個の卵子で精子側の問題がなければ、平均的に3個が胚盤胞になれます。

 

胚盤胞のグレード説明

胚盤胞は、内細胞塊(ICM)と栄養膜(TE)の細胞の様子をAからCの3段階に評価し、4AAのように表します。グレードは胚盤胞の外観と形態を表すだけであり、染色体が正常かどうかは表しません。

 

    

 

胚盤胞の成長速度(胚盤胞腔の広がりと孵化の程度を6段階評価)

1:初期胚盤胞(early)胚盤胞腔が全体の1/2以下

2:胚盤胞 胚盤胞腔が全体の1/2以上

3:完全胚盤胞(full)全体に広がった状態

4:拡張胚盤胞(expanded)胚盤胞腔容積がさらに拡張し、透明帯が薄くなりつつある

5:孵化中胚盤胞(hatching)栄養膜が透明帯の外に脱出し始めている

6:孵化後胚盤胞(hatched)胚が完全に透明帯から脱出したもの

 

内細胞塊(ICM)

A:細胞同士が密に接し、細胞数が多い

B:細胞同士の密着が粗で、細胞数が少ない

C:細胞数が非常に少ない

※コウノトリ生殖医療センターの実績から、内細胞塊のCグレードは細胞数が非常に少ないため、移植又は凍結に適しません。

 

栄養膜(TE)

A:細胞数が多く互いに接着した上皮を形成している

B:細胞数が少なく、結合が粗な上皮を形成している

C:数が少ない、大きな細胞が上皮を形成している

 

内細胞塊のAは「細胞同士が密に接し、細胞数が多い」、Bは「細胞同士の接着が粗で、細胞数が少ない」、Cが「細胞数が非常に少ない」という状態です。コウノトリ生殖医療センターの経験により、内細胞塊のCは細胞数が非常に少ないので、移植又は凍結に適しません。 また栄養外胚葉(栄養膜)は、Aは「細胞数が多く、互いに接着した上皮を形成している」、Bは「細胞数が少なく、結合が粗な上皮を形成している」、Cは「数の少ない大きな細胞が上皮を形成している」ことを表します。

 
*医疗行为需与医师讨论进行,本篇文章仅反映当时治疗状况与建议
その他の記事
06 / 22 / 2022
精子冒険記Ep.3「満満くん、検査に行く」
05 / 31 / 2022
ERAの10大疑問!
04 / 01 / 2021
妊活検診・ブライダルチェック
03 / 03 / 2021
コウノトリの精子提供ーよくあるご質問
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子