不妊治療コラム
妊活情報を伝授して私たちとの距離を縮めよう
06 / 20 / 2018
台湾の不妊治療事情①体外受精について

台湾の体外受精について

日本の方が当院にいらっしゃる際は、その多くが卵子提供や精子提供といった日本国内では受けるのが困難な治療をコウノトリで受けることが目的です。
しかし、当院の患者様の大部分を占める台湾にお住まいのご夫婦は、皆さまが日本の病院で受けているのと同様の不妊治療を受けるために当院にいらっしゃいます。
タイミング法や人工授精、そして体外受精です。

中国語では、体外受精は「試管嬰兒」と言います。
試管は試験管、嬰兒は赤ちゃん。
日本語でも「試験管ベビー」と訳された、英語の「test tube baby」の直訳です。

また、中国語圏では試管嬰兒(体外受精)は技術の進歩に伴い一代、二代、三代と呼ばれています。
それぞれ日本語で言えば第一世代、第二世代、第三世代と言い換えられます。

一代は、ふりかけ法などとも言われるコンベンショナルIVFです。
濃度調整を施した精子を卵子にふりかけて、受精を待つ方法です。

二代は、顕微授精です。
ICSIにより卵子に直接精子を注入する方法です。
これにより精子量が少ない、運動力が不足しているなどの男性不妊の方でも受精が可能になりました。

三代は、受精の方法自体はこれまでのコンベンショナルや顕微授精と変わりはありませんが、受精後に胚盤胞の染色体異常の有無を調べる着床前スクリーニング(PGS)が加わります。
着床失敗、あるいは流産の主な原因は胚盤胞の染色体異常です。
着床前スクリーニングを行うことで、移植前に胚盤胞の染色体本数異常を知ることができます。
異常のある胚の移植を避けることで、流産の確率を大幅に下げることが可能です。
また、単一の遺伝病異常の有無を調査する着床前診断(PGS)もこの三代に属する技術です。

技術の進歩により、顕微授精ではICSI以外にも高倍率の顕微鏡を利用したIMSIが、着床前スクリーニングでは次世代PGSとしてNGSが存在しており、コウノトリ生殖医療センターはどちらの技術も導入しています。
また、最新の不妊検査として、子宮内膜が着床可能な状態になる(着床の窓が開く)タイミングを調べる子宮内膜着床能検査(ERA)も当院で実施が可能です。
子宮内膜着床能検査(ERA)については、こちらもご覧ください。

子宮内膜着床能検査-ERA
更に進んだ個人化治療-ERA(1)
更に進んだ個人化治療-ERA(2)

現在、当院では三代試管嬰兒Plus(第三世代体外受精プラス)と命名してPGSとERAにより成功率を更に高めた体外受精を紹介しています。
PGSにより染色体異常の有る胚盤胞の移植を避け、ERAにより最適なタイミングでの移植を行う三代試管嬰兒Plusで、皆様のお母さんへの道を助けます。
もちろん、PGSやERAは卵子提供や精子提供での治療時にも実施することが可能です。
ご興味がございましたら、お気軽にお問合せください!
その他の記事
09 / 29 / 2018
個人に合わせた移植-ERA-
08 / 14 / 2018
台湾とコウノトリ生殖医療センターの卵子提供の特色について
08 / 13 / 2018
コウノトリ生殖医療センター台北院、ただいま準備中です!
08 / 10 / 2018
コウノトリは女性の活躍を全力で応援しています!
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
メールアドレスで会員登録をすると、お問い合わせの際の毎回の個人情報入力が不要となります。会員サービスの利用と治療コースのご案内がとても便利になります!
すぐ登録して会員サービスを使いましょう。 ログイン
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子