高い成功率
子宝を祈る あなたと私の物語
12 / 08 / 2020
意思あるところに道は開ける 卵子提供に切り替え、妊娠 

 

 

2000年、30歳の頃、とても子どもが欲しかった...でも何年も子宝に恵まれませんでした。
医師を求め、四箇所の病院いかかり、不妊の原因は卵管閉塞から来るものだと分かりました。
たくさんの漢方医学、西洋医学の医師のもとにいきましたが、どれも効果はありませんでした。
その後、ネットで台湾のコウノトリ生殖医療センターには卵子提供という治療があることを知りました。

奥様からの感謝のメッセージ
私は姚 xx ,今年 48 歳になります。2017年の3月に妊娠し、同年11月に女児を出産しました。以下は私の妊娠に至るまでのお話です。
2000年、30歳の頃、とても子どもが欲しかった...でも何年も子宝に恵まれませんでした。医師を求め、四箇所の病院いかかり、不妊の原因は卵管閉塞から来るものだと分かりました。
たくさんの漢方医学、西洋医学の医師のもとにいきましたが、どれも効果はありませんでした。
2016年にネットで台湾のある医師が生殖機能に問題がある方に体外受精の治療を行っているのを見ました。私はすぐO先生に連絡をとりました。
排卵誘発注射をたくさん打ち、採卵を待っているときに超音波検査で1個も卵子がないことが分かりました。
何度も失敗し、悲しくなり、とても傷つきました。私の年齢の成功率は1。その後、ネットで台湾のコウノトリ生殖医療センターには卵子提供という治療があることを知りました。
夫と話し合い、夫同意の下、コウノトリのスタッフとO先生に連絡を取りました。とても丁寧にはっきりと卵子提供の流れと成功率について説明してくれました。 
私は自信を持って、願いを叶えることができると信じることができました。卵子バンクを用い、夫の精子と受精させ、いくつか胚盤胞ができました。
飛行機で台湾のコウノトリへ行き、移植を行いました。でも、結果は妊娠していませんでした。このとき、とても悲しかったです。
幸運なことに、コウノトリのスタッフとO先生の励ましがあり、再度卵子提供で、今回は新鮮卵子を用い、多くの胚盤胞ができました。
2017年3月、コウノトリで移植を行い、妊娠することができました。O先生本当にありがとうございます。
コウノトリのスタッフ・培養師のみなさんの気遣いと手厚いケアにより、本当に欲しかった赤ちゃんを授かることができました。現在、娘は生後5ヶ月ちょっとで、とても元気です。これはすべての子どもを求める方の願いです。子どもを求めるみなさんが子どもを授かり、願いが叶えられますよう心より願っています。
 ***現在当院の卵子提供は卵子バンクのみです。新鮮卵子は提供していません。**

ご主人様からの感謝のメッセージ
2017年11月13日;妊娠38週と2日目のこの日は新しい命を授かったことに興奮し、圧倒されました。
この日、私たちは、入院セットを準備し、車で病院に向かいました。時間は止まっているかのように感じられました。
医師や看護師がひっきりなしに私たちの傍を移動していましたが、まだ私たちの順番ではありませんでした。時間を見ると、10分ほどの時間が過ぎただけでした。
このときの気持ちは本当に忘れられません。突然、姚さん!と呼ばれました。あぁ ! 私たちが分娩室に入る番になり、緊張してきました。やっと、私たち夫婦と娘と会えるときがきたのです。
私は考えていました。私たちに似ているかな?どんな子かな? おぎゃー!という大きな声と共に娘は生まれました。かわいい!
娘をきれいに洗ってくれたあと、私たちに抱かせてくれました。抱いたと同時に、両目から涙がこぼれ、止まりませんでした。
私たちの愛する我が子はとてもかわいいです。妻は傷口の痛さも気にせず、毎朝早起きし、保育室にいき、母乳を与えました。赤ちゃんに最もいいものを、健康であるように。赤ちゃんの顔を見て、過去の辛かったことを振り返ると、今はとてもいいものに変わりました。いま、生後5ヶ月ちょっと、毎日私たちが手厚く育て、彼女は日々成長し、新しいことを学んでいきます。
彼女が私たちにもたらす楽しみは、かけがえのないもので、彼女が元気に健やかに成長できるよう願っています。コウノトリに本当に感謝しています。私たちの今の予定は、白くて丸々とした赤ちゃんをもう一人授かることです。私たちにとってコウノトリのサービスと信頼は大変満足できるものでした。赤ちゃんが授かれることを祈ります。
コウノトリのO先生、コンサルタント、培養師の皆様に大変感謝いたします。

コメント Daisy


1.超高齢(48歳)の方が子どもを授かる最も早い方法は卵子提供の治療に切り替えることです。30歳から努力を続け、45歳のときにコウノトリを訪れました。
努力をしていた期間に人工生殖の治療を受けたことはありませんでした。もっと早くに卵子凍結の生育率を知っていれば、卵管の問題と人生設計をゆっくりと対処していたら、
人生の地図はより美しいものだったでしょう。後悔先に立たず。人工生殖は怖くありません。生殖センター(不妊治療専門のクリニック)を選び、卵子を凍結し、
ライフプランを自身で管理できるようになります。

2.医療のリスク発生は、お互いの信頼関係により解決することができます。姚さんは1回目の卵子提供の治療は順調ではありませんでした。2回目の卵子提供の際、10個もの胚盤胞ができ、健康な女の子を出産することができました。2019年に再度移植を行い、第二子を妊娠されました。第一子のときと同様2個の胚盤胞を移植しました。1個が着床し、50歳で姚さんは二人のお子様をさずかることができました。

3.この患者様の1回目の治療結果はあまりよくなく、2回目では、オーダーメイドした治療スケジュールで治療に進みました。
  3名の胚培養師が選ばれ、最良の結果が得られるように2つの異なる受精方法を行いました。最終的に、10個の胚盤胞ができました。3.この患者様の1回目の治療結果はあまりよくなく、2回目では、オーダーメイドした治療スケジュールで治療に進みました。3名の胚培養師が選ばれ、最良の結果が得られるように2つの異なる受精方法を行いました。最終的に、10個の胚盤胞ができました。
 
その他の記事
01 / 07 / 2021
海外での卵子提供は孤独じゃない 幸せを迎える希望が持てた
12 / 08 / 2020
意思あるところに道は開ける 卵子提供に切り替え、妊娠 
07 / 30 / 2020
日本妊活物語 卵子提供で出会った幸せ
08 / 03 / 2020
絶望の淵で見つけた卵子提供 卵子提供で夢は叶う
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
友だち追加 → ID検索 → ID:@stork
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子