高い成功率
子宝を祈る あなたと私の物語
07 / 18 / 2016
アジア最高齢、62歳で卵子提供により双子を出産|TVBSニュース
現在、子作りのため人工授精を試みる女性が多い中、その苦しい過程を経て
台湾国内で最高齢で出産をした女性がいます。

この62歳の女性は、このほど帝王切開で双子を出産しました。
彼女は50歳の時に癌を患い、病を克服した後も子供を産むことを諦められませんでした。
その後卵子提供を受けて妊娠に成功し、62歳で無事に出産しました。



病院が作成した動画の一場面:「『更年期の相談でしょうか?』『先生、卵子提供を受けたいんです。』」
以前にも57歳の婦人が卵子提供により無事に妊娠、出産した事例があり、病院は一人でも多くの「勇敢なママ」を励まそうと、この成功事例を映画にしました。
そして今回、62歳の婦人が同様に卵子提供により帝王切開で双子を出産し、国内最高齢出産記録を塗り替えることとなりました。


新竹の王懐麟医師:「60歳を過ぎてもなお子供を授かりたいと思う女性に出会ったのは初めてでした。当時は彼女の夢を叶えてあげるべきなのかどうか迷いましたが、彼女の意思の強さに心を打たれました。しかも彼女の身体の状態が大変良かったのです。」


女性に生殖補助医療の治療をした王医師は、当初婦人が普通の婦人科の問題かまたは更年期障害で受診したと思い、「卵子提供」という言葉が出るとは思ってもみなかったそうです。
婦人の願いは切実なものでした。40歳で結婚後ずっ子宝に恵まれず、50歳で人工授精に失敗し、その後乳がんが見つかりました。10年という長い治療を終えても、子供を授かりたいという思いを諦めませんでした。
そしてついに62歳で「卵子提供による出産」に成功したのです。



しかし王医師は、女性の出産までの過程は相当な苦労があったとも言っています。彼女の子宮はすでに老化していたため卵子提供は必須で、またホルモン療法も行う必要がありました。
最終的には受精した胚盤胞を子宮に移植し、昨年5月に妊娠に成功、先月台大病院で帝王切開により出産をしました。
女性の夫も医師も、彼女の意志の強さに感銘を受けました。
彼女はどんな辛さも乗り越え、ついに夢を実現させたのです。


コウノトリ生殖医療センター 卵子提供日本説明会
その他の記事
08 / 19 / 2016
体外受精で健康な赤ちゃん 強直性脊椎炎患者の初の事例
08 / 19 / 2016
生まれ変わる勇気を取り戻して、もう一度あなたを産みたい!
08 / 19 / 2016
海を越えて希望を託す 母から子へ命の継承(前編)
08 / 19 / 2016
海を越えて希望を託す 母から子へ命の継承(後編)
オンライン・マッチング
お問い合わせ
お問い合わせ
メールアドレスで会員登録をすると、お問い合わせの際の毎回の個人情報入力が不要となります。会員サービスの利用と治療コースのご案内がとても便利になります!
すぐ登録して会員サービスを使いましょう。 ログイン
お問い合わせ
氏名
携帯電話
Emailアドレス
地域
お問い合わせ項目
内容
携帯アドレスは外部受信拒否設定があり、PCアドレスでご連絡ください。
提出
オンラインマッチングをご利用いただき有難うございます
私たちは完備されたマッチングデータベースを所有しています
迅速で確かなサービスをご提供致します。
現在データベースに保存されている統計
卵子
精子